AVANCE

〜ビアン人生も悪くないですよ〜

カスタマイズより、ほらほら見て!窓の外!

てぃ、TRP
があったみたいですね。
・・・・・・・・
し、知ってるし!

T:卓上
R:陸上
P:ポンデケージョぅ
// もっちりは正義 \\

・・・・・・・・・・。
すみませんすみません。知ったかぶってすみません。うまいことボケられなくてすみません。
明るくないんです、LGBTやセクシャルマイノリティに関するイベント。(も関連する用語も何もかも…)
正直に言うと、今日の皆さんのアプリのつぶやきでそんなイベントがあることをやっとこさ知りました。(元都民)

昨日は絶賛仕事だったので参加は出来なかったのですが、もし可能なら行ってみたかったなあ、代々木公園。
マスクするし、メガネを掛けないときのステルス能力に定評があるもので、知り合いとすれ違ってもきっと大丈夫!
フェス日和でしたもの、ブース冷やかしてみたかったわぁ…!お姐さんたち、見てみたかったわぁ…!!!

(・おねいさんはおにいさん?気にしない!オデコさんあるのね、行ったこと。)
 →http://avance2017.com/post-2859
(・9さんと私の違いはメガネを取り外し可能かどうかという点だと判明。(いえガタイが良くて明らかにゴリラゴリラしているのが私です。調子乗ってすみません。大きな違い。)
 →http://avance2017.com/post-2863

 

とは言っても、パレード?や何やにはやはり参加する勇気は無いのですが…
「ひっそりとこっそりと穏やかに暮らしていければ」、なんて考えているのは甘いのでしょうか。
こういった場(ブログ)に参加させてもらっている身ではありますが、声を上げる程の切実さは今だ私には無いのであります。自己完結しがちな半端者。
でも、こう一部ではオープンにしながら実害なくのらりくらりと暮らせているのは、先人の努力あってのことなんですよね…。
せめて感謝しなければ。

あ、7日もやってるのね。
(↓ T:東京/R:レインボー/P:プライド ↓)
http://tokyorainbowpride.com/


 

そして、俄然セクシャルマイノリティに関係がない暗いブログに戻るのでした。

 

さてさて。

今回は、「体」のお話です。
といっても、保健体育的もしくはエロな切り口ではなく、やはり引き続き「現世」だの「生きる意味において」だの、ここ最近の流れの観点から。
・・・いつかはエロ話もしたいような・・・深夜枠だし・・・(閲覧は日曜の日中~が多いんでしょうけど)
や、ここでして良いのか分からないですね。
っていうかそもそも、

(エロいネタが無いわ…)

 

 

・・・・・・・・・・・。

残念!
むしろエロ話仕入れたいですどなたかお聞かせください///
でもただのセクシャルな話だけじゃなくて、ロマンチックも含まれていないと嫌です///欲しがりすみません///

ということで、平常通り真面目に暗く語っていくこととします。
エロを期待している方は諦めてくださいませ♡

そして宣言にもかかわらずアップロードが大幅に遅れまして申し訳ありません。
GW、本当にただただ掃除と休養(と遊び)に充てました。おかげ様でカーテンも洗濯できまして5月の風をさわやかに感じることが出来ます。ありがとうございます。


 

※レンタカーご利用に際して※

レンタカーの基本的な機能はほぼすべて同じですが、デザインや大きさ、精度や感度、壊れやすさや得意分野はそれぞれ異なります
そしてもちろん、製造元活動環境メンテナンスによってそれらは若干変動します

 

 

たとえば上のような注意書きのあるレンタカーで回る旅行に来たら。
レンタカーの色ばかり気にします?

「フロントライトの位置が気に食わない」「燃費があと少し良ければ」とか何とか、道中ずっと文句言ってます?

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

前回は、
「ここ(現世)ってもしかしてワンダーランド」という解釈もあるよ、という内容だったんですが、現世=「旅先」と言う事もできるなあと思いまして。
今回はそういうお話です。

・・・・・・・・・・・・

現世が旅先なら、「私」はそこに来た「旅行者」。
で、旅先を見て回るためのそこそこの移動手段が与えられると考えてください。
ここではレンタカーとしますね。
では、レンタカーであちこち地道に回るとしたら・・・

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

レンタカーの色だのライトの位置だのちょっとの燃費だのあれこれ不満は出るでしょうが、
それよりは、そこにしかない名所名物を楽しみますでしょ?
旅行に来ているのんですもの。

体調を崩すこともままあるけれども、スリやぼったくりに遭うこともあるけども、それに嘆いてばかりというよりは、「せっかく来たんだから!」と楽しいことに気が向きますでしょ?
現地の人の優しさ習慣や、思いがけないハプニングがえらく印象深かったりしますでしょ?
そして、日程や旅費を無駄にしないように(初めての土地ならなおさら)、全力で旅行先を味わおうとしますでしょ?
で、帰ってきて一息ついて、
「ああ。色々あったけど、濃い時間だったなあ。あれはあれで楽しかったなあ。」
って、振り返りますでしょ?
(「もう二度と行かない!」って場合もあると思いますが、それもそれで、「自分が心底嫌な事」を知る機会だったと思えば。)
でもあまり道中乗っていたレンタカーの事って思い出しませんでしょ?
「相棒!」っていう愛着はあるにしても。

 

。。。。。。。。。。。。。。。。

旅に来ているようなものだと思うんです。
「ここ(現世)にいる」ということって。
(「定住して生活ありきで」という差はあるにしても。)
で、「レンタカー」は何を指しているかと言うと、「体」です。

 

「なんで私の鼻ってこんな大きいんだろ。せめて小鼻がきゅってすればいいのに。」
「なんで私ってこんな手足短いんだろ。シュッとした人が羨ましい。」
「足遅いし、巨乳走りだし、球技苦手だし、よく転ぶし、私には運動神経なんて無い…動ける人もいるのに、不公平。」

などなど・・・個体差があるために、われわれってばいつも体の事で悩んでしまいますよね。
容姿、体力、運動神経、体格、体質、質感(肌や毛髪等)。
目が二重だったらいいのに、アゴが鋭利じゃなかったらいいのに、腹筋がバッキバキだったらいいのに・・・
体の調子や美醜のことは、即「生きやすさ」につながる。
良ければ生きやすく、
よろしくなければ生きづらく。

けれど、あまりにもそればかりに捉われると(特に美醜に)、せっかくのここに居る意味が分からなくなる。
美醜の為にここにいるの?「体」は美醜の基準にさらされてナンボなの?

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

レンタカーのエクステリア、インテリア、燃費、取り回し。
それらはもちろん旅の快適さを左右するものだけど、「ここまで遊びに来た」という事実のダイナミックさの前では、霞んでしまうもの。
「これからたくさん楽しいことがある」というわくわくさん感の前では、わりとどうでもよくなってしまうもの。


 

自分のレンタカーの外観や性能を他のレンタカーと比べて、自分の理想に近づけるべくカスタマイズするのも楽しいに違いないけれど(私なら痔に優しいドーナツ型のクッションを後部座席に据えてティッシュとリコラとブランケットを常備して出来たらプレモを数体飾ります。外面はいじりません。ETC付けます。ボラギノールは置きません。)、たまには外を走らせなけりゃ。
酒飲みつつ眺めて、カスタマイズの成果に悦に入るだけじゃなくて。
せっかくの走るための足なんですもの。走ればきっと気持ちがいい。
「この時をずっと待っていたんだ」とレンタカーから伝わってくるみたいに。

そして、運転する「私」が誰より気持ちいい。
外に流れる景色を目に映して、窓を開けて周りの音も自分のレンタカーが走る音も聞いて、吹き込んでくる風を肌に感じて匂いを嗅いで。
他の車両を追いかけたり並走したり一台きりで走ったり、思いもしなかったスポットに辿り着いたり。故障して立ち往生したり。それでも何とかなったり、人に助けられたり。左手に羊蹄山。線路わきにやたらとふきのとう。よく見るとエゾ鹿。昆布館。(最近行った道南の余韻が)
自分のレンタカー以外のことでも、楽しそうなことは外側にいくらでもある。

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


レンタカー(つまり「体」)の「足りない部分」「直したい部分」を気にして整えようとするのは、旅のしやすさ(生きやすさ)のために必要なこと。

けれど、そればかりが旅(「生きること」)じゃない。

旅に来たなら、歩き回って(地道に移動して)、五感を使って、旅先にいられる機会を無駄にはするまいと思う。
今だって、ただの日常だって、旅先と同じく「限定された場所」で「ずっとはいられない場所」。
「私」というものだって、旅と同じく「せっかくいる場所(器)」「今しかない時間」。
気に入らない要素があったって、それだけで無駄になんて出来ない。
同じ季節、同じ場所に、同じ感覚でまた来られるなんて保障はどこにもない。

旅に来たなら、そこにいられる間に現地のことを吸収したいと思う。「私」のことだけ考えるんじゃなくて。
だって、その方が単純に興味引かれることが多くて楽しいですし。

 

・・・・・・・と、引きこもりがちが、旅に・生きることに憧れを持って思うこの頃です。
(旅先では毎回体調悪くして自分の事ばっかりでスムーズにはいかないけれど。生きることそのものもグダグダだけど。心意気だけは。)
(北海道、夏にまた行きたいなあ。)

 

 

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top