AVANCE

〜ビアン人生も悪くないですよ〜

恋人の服のにおいを嗅ぐ

あまり想像したくない内容のタイトルだなと思うのですが、masaにはなかなかすごいご友人がいるのですね。

君の残り湯を飲みたい

恋人が入ったあとのお風呂のお湯はもちろん、飲みません

誕生日プレゼントも恋人が使い古したものでも、いりません

ツインベッドで彼女の布団へも、行きません

 

もうそれぞれベッドに座った瞬間から、そこは個々のテリトリーとなるので、私のベッドに座ろうもんなら、座らせないようにさり気なく誘導します。

お風呂から上がって、自分のベッドに恋人が寝転んでいたら結構イヤかもしれません。心が狭いのかしら。

潔癖というわけではないのですが、ツインベッドならば、こっちは私のベッドー!好きなように使わせてー!と思っちゃうわがままです。

 

 

 

 

ただ。

 

 

 

 

恋人の服のにおいを嗅ぐのは大好きです。

 

むはーーーーーーーーーーーーーっ

 

 

私がにおいフェチだということもあるのですが、みなさんも恋人の服のにおいって、いい香りなのではないでしょうか。

いい香りじゃないにしても嫌いじゃないだろうし、クセになる香りだと思うのです。

だから恋人がいないとき、恋人のパジャマなどを抱きしめて寝ることもありました。

安心するので、ぐっすり眠れるんですよ。

 

ん?こういうと変態みたいでイヤですね。

 

え、でも、服のにおいをかぐのはよくあるのではないでしょうか。ないか。いやいや。恥ずかしがらずに、こっそり恋人の服のにおいを嗅いでいる人は挙手してくださいね!きっといるはずです!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top