AVANCE

〜ビアン人生も悪くないですよ〜

嫌いなものが好きになる不思議

12月に入りましたね。今年があと1ヶ月もない事実に驚いています。

師走ということで忙しいことは忙しいのですが、冬は秋に負けず美味しい食べ物がたくさんあるので嬉しいです。

お鍋とか、おでんとか、牡蠣とか、牡蠣とか。

 

 

そう!

 

 

牡蠣!

 

 

 

木曜日だけど友達とさくっと待ち合わせして飲んじゃいます。牡蠣、食べちゃいます!これから年末に向けて飲み会も増えるけれど節度を持ってお酒を楽しめばいいんですよ。

 

 

大人になった今では冬といえば牡蠣が定番となり美味しくいただくのですが、小さい頃はひたすら苦手でした。

家庭で食べる冷凍の牡蠣フライの食感がぐにゃりとしていたのが好きじゃなく、外食でも避けていました。

 

しかし20歳を過ぎ、1ヶ月前に別れた恋人と行った宮島旅行。

旅行することは別れる前から決まっていて、旅行だけは行こうと別れるときにも話し合ったのは良い思い出ですね。別れた恋人とも旅行に行って楽しめることを知りましたが、別れた人と行かなくてもいいかなと思いました。

 

そこで食べ歩きとして牡蠣が販売されていて、牡蠣が好きな元恋人は食べる気満々。

私は苦手だから…と断ることもできたのですが今なら食べられるかも!せっかく旅行に来たし本場のなら食べてみたい!と思い立ったんですよね。

生牡蠣はちょっと不安だったので焼き牡蠣にチャレンジ。

1口食べると、あの家庭で出た冷凍の牡蠣フライとは全く違う、ぷるっとした食感に感動。

それ以来、牡蠣の美味しさにハマり、メニューにあったり旅行先だったりつい食べてしまいます。

 

いまだお腹を壊したことはありません。

 

嫌いなものが好きになること、大人になるとありますよね。

セロリとか、生クリームとかも小さい頃は嫌いでしたが、大人になるといつの間にか食べられるように、好きになっているんですよね。不思議。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top