AVANCE

〜ビアン人生も悪くないですよ〜


悲しいときの対処法

 

意外と見ていた同性愛のドラマ

こちらでも話しましたが、スカッとするアクションものは見ないことが多く、どんよりとくる、いつまでも引きずるような余韻がある話が意外と好き。

 

今期ドラマの『透明なゆりかご』

 

 

これもボロボロ泣きながら見ていたドラマの1つ。

奇跡は起きず、正解なんてものは分からず、当たり前だけど家族が決断をする気持ちや寄り添う病院側のあり方が丁寧に描かれていて、どの回も重苦しい話でした。

ふとしたときに振り返りたくなる、手元に置いて起きたいドラマでした。

 

 

悲しいときや落ち込んだとき、みなさんはどうやって過ごしますか?

  • 好きなものを好きなだけ食べる、飲む。
  • 友達や親しい人と話して発散する。
  • カラオケ、絶叫マシーンなど声を出す。
  • たくさん寝る。
  • 映画、音楽に触れて、笑う、泣く。
  • 今の気持ちを書いたり分析したり客観的に見る。

 

こう考えると色々な過ごし方がありますね。

個人的に、夜はどうしてもマイナス思考になりがちなので夜更かしせず、考えることを放棄してたっぷり寝ることで自身を追い詰めないようにしています。夜更かししても音楽や映画に触れてぼーっとする。夜は考えれば考えるほどドツボにはまりそう。

 

規則正しい生活を心がける。

 

 

飲み食いも良いですが、悲しいときは意外と味がしなくて、大好きなビールやレモンサワーも美味しく感じないときもある。

そんなときはどんよりする映画やドラマを見て、ボロボロ泣く。涙活という言葉まであるように、極限まで泣くってストレス発散になります。

普段感情が動きにくいので、ここぞとばかりに大泣きする。

 

なんとなく秋は心寂しくなる。涙活をして気持ちを変えていこう。

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top