AVANCE

〜ビアン人生も悪くないですよ〜

夏といえば思い出すのは「初恋での玉砕」

お久しぶりです。ホーリーです。
最近急に気温高くなって夏が近づいてきましたね。


自分の夏のイメージって初々しい恋愛なんですが、みなさんどうですか?

 

 

初恋の女の子との思い出話を、聞かれてもないけど書きます!

 

 

あれは約10年前、まだ目がキラキラしていた高校生の頃。

当時クラスが同じ女の子のAちゃんを好きになりました。
きっかけはあまり覚えてないのですが、Aちゃんは抱きつき癖があって、毎日会うたびにハグをしてくる子でした。
人に触られることに慣れてない自分は(今も嫌いでないけど苦手です…)ずっと逃げていたのですが、Aちゃんは逃げると余計抱きつきたくなるらしく、逃げては捕まりまた逃げて捕まり…みたいな毎日を過ごしていました。

人って不思議で、はじめは全くタイプじゃなかったんですが、毎日追いかけられると自然に気になっていくんですよね。

それから、毎日のように長電話したり、くだらないメールのやり取りをしたり、当時付き合ってた彼氏との約束を断ってAちゃんと花火大会行ったり…とほぼ毎日一緒に過ごしていました。

あと1番思い出に残っているのが、ゆずの夏色を歌いながら、自転車で2ケツし、周りに田んぼしかない田舎の坂道を下っていく、といったものです。本当青春で毎日が楽しかったな。

 

 

ある日、Aちゃんのこと好きって確信したある出来事がありました。

 

男女数人グループで仲よかったんですが、そこの1人(Bくん)がAちゃんの事好きになったんですね。
それ聞いたとき、なんか自分の中で整理できないような感情が生まれまして。
女の子を好きになる、って考えが今までなくて、そのときはその感情が何か分からなかったんです。

それ聞いてから、AちゃんとBくんが話してるとすごく気になったりして。今まではそんなこと思ったこともなかったのに。

ある日、BくんがAちゃんに告白するってことが耳に入りました。
その時の自分の気持ちとしては、なんとか止めないと!とだけしか頭になかったです。

Bくんと付き合わないほうがいい、とAちゃんに力説したり、Bくんに他の女の子を紹介したり、と…。

今考えれば何やってんだ?!みたいなことばっかやっていました。。。。

 

その後何を血迷ったのか、自分がBくんに告白すればいい!そうするとAちゃんとBくんは付き合わない!って結論に至ったんです。

 

 

 

 

結果、玉砕。

はっきり、Aちゃんが好きなんだ、って言われてしまいました。Aちゃんが好きな理由も聞いてもないのに教えてくれて。

でも、それ聞いたとき思ったんですよね。
BくんだったらAちゃん幸せにしてくれるなあ、って。

それと同時に思ったのが、自分の気持ちにきちんと気付いていて、素直に伝えていたら状況変わっていたのかなあって。

 

その経験から学んだことが、本当に好きになったらきちんと伝えた方がいい、ってことです。

自分の気持ちを伝えなかったら別に傷付かなくて済むけど、何も始まりもしないし学びもしないんですよね。
あの有名な本田のおっちゃんも言ってるんですよ!
チャレンジしての失敗を恐れるな!何もしないことを恐れろ!

これ人生においてめっちゃ大事にしていて、仕事でも、大きな案件があったときに、
無理だなあ、明日ばっくれようかなあ、って思うときあります。
そのときはこの言葉を唱えています。
一歩踏み出したら成功するかもしれないし、万が一失敗してもそこから学び取るものはあるけど、何もしなかったら後悔しか残らない。

以上、長文に渡って書きましたが、まだ女性とお付合いしたことないのです。。。

 

では、皆さん良い1日をお過ごしください!

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. ホーリーさん!アツイぜ!!
    ガツンと勇気もらえました!!
    あちち(笑)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top