AVANCE

〜ビアン人生も悪くないですよ〜

ラブラブでいることの努力

センチメンタルAVANCEに便乗して私もしっとりした気持ち。

着実に冬に近づいて空気も冷たくなってきたましたね。

 

あれ…?

 

 

ハロウィンも飛び越えて、もう部屋に飾っちゃいました!

光るクリスマスツリーは気持ちが高まります。

しっとりとした気持ちはどこへやら、少し浮かれています。

 

 

さて、少し浮かたクリスマスツリーを眺めながらの、まーさんの恋愛のトラウマhttp://avance2017.com/post-12314 )を読みました。

 

同棲して半年も経たないうちに、徐々に乾いた関係になっていきました。気持ちが冷めたわけではないのですが、イチャイチャすることがないのです。同棲してもラブラブでいたかった私には、それが寂しくて寂しくて。

好きな人がいつもそこにいるのに、心が近くにいないように感じる寂しさ。触れられる距離にいる彼女に触れられない寂しさ。

 

 

 

わかる〜〜〜〜〜〜〜!

 

 

それそれ…!

 

 

私にも同棲経験があります。

そして同棲してもラブラブでいたかったのですが、冷めていく関係。

冷めていくというか、スキンシップが徐々になくなり、恋人という関係より姉妹や親友のような関係になっていったのだと思います。

遠慮なく言いたいことも言って、だらしないところばかり見せて、イライラも遠慮なくぶつけて。

 

まーさんと違うのは、ラブラブでいることの努力を怠ってしまったこと。

 

恋人と言えど他人、気を許しているにしても我慢ではなく、気を遣うことは大切ですよね。

だらしないところばかり見せては、新鮮さもなくなりますよね。

イライラも遠慮なくぶつけては、相手も嫌な気持ちにさせてしまいますよね。

 

長い付き合いになり、感覚がどんどん麻痺していくことに、その当時気付かず、別れてから猛反省。

 

1つの恋愛は終わってしまったけれど、その恋愛を生かして次の恋愛はお互いを思い合える関係性を続ける努力をしようと思ったのでした。

 

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top