AVANCE

〜ビアン人生も悪くないですよ〜


恋愛のトラウマ

雨の日曜日、こんばんは、まーさんです。今週はずっと雨みたい。気分が上がりませんね〜。

今日は昼間にケイさんと電話しながら飲み会をしてました。こちらの日曜昼と、あちらの土曜夜。5時間くらい飲みながら話してたかな。よく喋りますね、私たち。

今日の話題の1つは、恋愛のトラウマについて。

トラウマなんていうほど重たいものではないかもしれないけど、過去の恋愛経験から、臆病になっていることってありませんか?

私にも、いくつかあるのですが、

最大のトラウマは、同棲すること、です。

同棲は、正直したいんです。いつも一緒にいたいし、私には「一人の時間とか空間」は特に必要ないから。朝も夜も顔が見える距離にいて、何でもない毎日のことを家族みたいに話したい。その中で、それぞれの時間を作ればいいし、必要な時は別々の部屋で過ごせばいい。

そう思えるから、私にとって同棲のハードルって結構低いはずなんですけどね。それこそ大学生の頃は1ルームの狭い部屋で彼女と同棲していたので、狭くて逃げ場がない環境というのも経験済み。大丈夫。

だけど、もう1人の彼女との同棲経験が、未だに傷となって尾を引いています。その彼女とは7年くらい付き合いました。23歳〜30歳という、人生の青くて熱い時期を一緒に過ごし、同棲したときは言わば結婚したような気持ちでした。

同棲したのは付き合って2年目の時でした。まだまだお互いを知っていく時期で、部屋探しも、インテリア選びも、楽しみながら過ごしてました。

だけど、同棲して半年も経たないうちに、徐々に乾いた関係になっていきました。気持ちが冷めたわけではないのですが、イチャイチャすることがないのです。同棲してもラブラブでいたかった私には、それが寂しくて寂しくて。一緒にいる毎日に、どうしたらラブラブムードを取り戻せるのか、どうしたら彼女が盛り上がってくれるのか、悩みました。

仕事帰りに彼女が好きそうなものをお土産に買ってみたり、次の休みに2人で行きたい場所を探してみたり。私なりに考えていたのですが、お家の中は一向に盛り上がらない。

一緒に暮らすということは、安心感を得られます。好きな人がいつもそこにいるという安心感。

だけど同時に寂しさも感じやすい。好きな人がいつもそこにいるのに、心が近くにいないように感じる寂しさ。触れられる距離にいる彼女に触れられない寂しさ。

一緒には暮らさずに、時々泊まりに行くような距離感がいいのかなって。そしたらもう少し新鮮な気持ちで会えるのかなって。その彼女との後半4年間で私はすっかりしょげました。

自分で書いてても思いますが、私ってやっぱり女々しい。ケイさんにも言われまくりですよ。

女々しい、自分本位、子どもっぽい、小さい…..

それを言われて、ますます傷が深くなる(笑)

普段はポジティブ思考な私ですが、こういう話をするとさすがに凹みます。自分の嫌なところが露呈して、そこから逃げよう、避けよう、問題を放り出そうとする気持ちが湧いてきて、そんな自分が嫌で嫌で仕方がなくなる。

私ってめんどくさい。あーー、めんどくさい。

雨のせいだ。違うけど、一部は雨のせいだ。

彼女のためと言いながら、ホントは自分のためじゃんね。

たまには吐き出すことも必要ですね。嫌いな自分のことも、ちゃんと把握しなくちゃね。

彼女に愛してもらうのは、その次だ。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top