AVANCE

〜ビアン人生も悪くないですよ〜


ちゃんと喜ばなくちゃいけない

感情表現の難しさ

 

喜怒哀楽、「怒」と「哀」はなかなか上手く出せませんが、感情は割りと素直に出るタイプの人間です。どうも、9です。

しかし驚いたときは、声が出なかったり「っうおう…」と低くつぶやくだけだったり、女子の「キャーーーーー!」が出ないです。あれ、本当に驚いたり怖かったりしたとき出ないですよね。

ジェットコースターに乗るとき発散方法として出すことはありますが日常で出すことなんか、ほぼないです。

そして仕事中も「いつでも落ち着いてるよね」と言われるくらいのポーカーフェイスは持ち合わせております。仕事中ですものね。

 

 

さて、「Aoiさんの喜びや嬉しい表現が下手くそ」な件について。

確かに、Aoiさんって何事にも動じなさそうな雰囲気していますよね。

 

サプライズされるのが苦手な方っていますよね。

予期していないことを咄嗟にされると固まるタイプの私も、嬉しい反面、ちゃんと喜ばなければいけないという気持ちになることも。

確かに、プレゼントしたときに喜んでもらえると、とても嬉しいですよね。

でも、それが語彙力がなくなったり簡単に済まされたりしても、「もっと喜んでよ」というふうな勝手にプレゼントしておいて、勝手に怒るなんて、なかなかないですよね。

 

だから気負いせずに自分なりに喜ぶようになりました。

 

その場であっさりと「ありがとう」と言っちゃったとしても、そのあと、ことある毎に「嬉しい」「ありがとう」など、さり気なく伝えるように心がけています。

「嬉しい」「ありがとう」を言葉にすると、自身もどんどん気分が高まるんですよね。嬉しさが込み上げてくる。

そして次は私がなにかプレゼントしようとひそかに企むことが楽しくなるのです。

 

※オーバーリアクションだったりしつこかったりすると、うそくさくなるので、ご注意くださいね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top