AVANCE

〜ビアン人生も悪くないですよ〜

AVANCEとは『前進』

ケイさんの帰国まであと18日〜二人でお部屋探し〜

9月27日にケイさんが帰国するということで、まーさんのバクバクしている気持ちが伝染し、私もカウントダウンしちゃうくらいバクバクしています。

遠距離恋愛が終わり、また新しい生活が始まる。

どんどん動き出していきますね。

AVANCEとはフランス語で『前進』という意味です。

 

前に進んでいく。

 

 

さて、Aoiさんも話していましたが、お部屋探しは争奪戦(http://avance2017.com/post-24947

2〜3月、8〜9月は新生活を迎えたり環境が変わったりする方が多く、繁忙期だと聞きます。

なかなかいい物件が現れないと焦ってくるのでタイミングよくトントン拍子で決まっていくといいですね。

そんな私は意識していなかったのですが繁忙期を避け、秋くらいに引っ越すことが多かったような。

そして、何回か引越しを経験しましたが、ネットでアレコレ見ても直接お店に行って探してくれた方が良い物件に当たることが多かったです。

ネットで散々見て目星はつけていくのですが「本当に出たばかりの物件で…」と新しい情報を出されると「なにこれ」とつい乗っかっちゃうんですよね。しかもとても良さそうな条件の物件。そんな物件に出会うと、その物件しか目に入らなくなり一目惚れ状態になります。

 

部屋探しって疲れることもありますがとても楽しい。部屋を見て、自分の生活を想像するのが楽しい。

 

 

思い出してみると、物件探し苦労した覚えがありました。

 

専門学校を卒業するときに、職場から近い家を探すとなったときに、当時仲の良かった同級生の4人で『シェアして住もう』という話の流れになっていました。

しかし、割りと勢いで決めていた部分が多く、内見まで行ったものの『やっぱり実家から通勤する』『高いからやめる』など意見が出てシェアの話は無くなりました。

 

その時点で3月初旬。

 

当時の家を3月20日くらいに引っ越さなければいけなかったため、友達同士で住もうと思ったのが間違いだったと友情の亀裂を感じつつ慌てて不動産屋さんへ駆け込むのでした。

駅から15分くらい歩きますが割りと綺麗で広めで収納も十分にありバストイレ別で、それでいて安いという優良物件を、1件目の内見で見つけてそのまま『ここに住みます』と決めたのはナイス判断だったと今でも思います。

 

みなさんも、シェアしようという口約束にはご注意くださいね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top