AVANCE

〜ビアン人生も悪くないですよ〜


2018年 日米遠距離恋愛の始まりに

こんにちは、まーさんです。

1月3日、明日から仕事開始ですね。お正月休みの最終日、みなさんいかかお過ごしですか?

私はいま、成田空港からの帰り道。電車に揺られ、都内までの長い長い道のりを、ブログを書きながら過ごしています。

今日、ケイさんはアメリカに帰りました。ケイさんが日本に来たのは12月21日なので、わりと長めの冬休みだったけど、今回はずっと一緒ではなく飛び飛びで会っていたので、短く感じてます。

ケイさんが出張で日本に来てる時は、私もホテルに泊まり込んで1週間以上一緒にいるので、そんな贅沢な時間に慣れてしまうと4日くらいというのはあっという間です。

ビアンさんの中にも、私たちのように遠距離恋愛をしているカップルさんがたくさんいると思います。今日が2人で過ごせる最終日で、またここから2018年の遠距離恋愛を始める方も多いでしょう。

そして、これから遠距離恋愛を控えているカップルもいることでしょう。

不安ですよね。寂しさで押しつぶされそうになりますよね。

でも、案外大丈夫なものです。

日本とサンフランシスコ、8000キロ、時差16時間の私の経験と今の心境からお話ししますと、案外大丈夫なものです。

遠距離恋愛には遠距離恋愛中にしかできない向き合い方があるって、噛みしめた1年目でした。遠距離だからこそぐっと近づく心があると、深く知った1年目でした。そして、愛だの恋だのにうつつを抜かしがちな私なので、いっそ遠距離の方が他のことにも全力で取り組めるからそれもいいのかも、と開き直れた1年目でした。

肝心なのは、いつもと同じ恋愛をしないことではないかな。いつもなら言わなくても何とかなる。いつもなら、ちょっと揉めても少し時間が経てば何とかなってる。いつもなら、腑に落ちてないけど、揉めてるのが面倒だから謝って終わりにする。いつもなら、連絡とれなくても会いに行っちゃえば解決する。いつもなら、キスすれば、エッチすれば愛を確認できる。

そういうの、全部通用しませんぜ(笑)

いつもなら、は通用しないのよ。それが遠距離恋愛。

だから、今をすべてと思おう。今を正直に、今を偽りなく、今を大切にすべしなのです。

2人の人間性が洗いざらいになるのが遠距離恋愛なのかも。

近距離恋愛カップルのみなさん、そんな向き合い方をしてますか? 今をすべてと思って、彼女のことを、2人のことを大切にしていますか?

私もね、遠距離恋愛中にしか、こんなこと言えないんだろうなって思うのです。

だって本心では、早く遠距離が終わればいいなーって思ってるもの。早くケイさんが帰ってこないかなーってうずうずしてるもの。

1月1日、ホテルをチェックアウトした後に、2人で海沿いのベンチに座って1時間ほど話をしました。

「2018年、あっという間に過ぎちゃえばいいなって思ってる。2019年も2020年も。ケイさんが帰ってくるまでの時間は、あっという間に過ぎちゃえばいいなって思ってるよ。」

と言った私に

「なんで遠距離を受け入れちゃうのよ。私は遠距離を早く終わりにする方法を考えてるわ」

とケイさん。

毎度毎度、はっとさせられることを言ってくれます。私にはない発想。そこがまた彼女の魅力。

スナックあばんせの後に、山口さんを木っ端微塵にしたのも、この彼女の発想。

同じ日に、タチーズでお鍋を食べに行ったとき、締めは雑炊にするかチャンポン麺にするかで、決を採ったのですが、普通は、誰がが最初に言った一言をきっかけに「それでいい」と決まっていくのが日本式でしょ?  ところがケイさんは、「2人前以上の鍋を頼んだのだから、どっちも食べたいなら鍋を2つに分けてもらって両方オーダーすればいいじゃないの」と。

なるほど。確かに。いや、そんな発想なかったです。

人と人が関わるとき、一人ではできないこと、一人では知れないことがたくさん見えてくるなって思います。みんな、数十年も生きてくると、自分のことを、自分の個性を、ある程度確固たるものとして守ろうとするじゃないですか。肯定的にね。

だけど恋愛には、それを否定してもいいと思わされる力があるなと思ってます。自分は自分と揺るぎなく誇りにすら思うのと同時に、彼女の感覚を共有したい、彼女の良いところを取り入れたい、あわよくば私の良いところをこの恋愛のために生かしまくりたい。そんな気持ちが湧き出てきます。

遺伝子レベルの欲求っぽいですね。私たちビアンには残念ながらできないことだけど、2人の遺伝子を掛け合わせて子どもが欲しいと思う本能的な欲求って、こういう感覚なのでは?と思ってみたり。

影響を与え合って、みんなで幸せになりましょう、2018年!

╰(*´︶`*)╯♡

恋とは、

酔いしれるもの。思いを満たしたいという衝動に突き動かされる自己欲求。

愛とは、

酔いが覚めても強く残る思い。大切なものを守りたい、そのために出来ることは何も厭わないと思う自己覚醒。

 

かな。

恋愛は読者のみなさんに近い若い衆に語ってもらった方がね、いいと思うの。 お粗末さまでした。

お別れの時に、またピースしちゃったよ、、、

 

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top