AVANCE

〜ビアン人生も悪くないですよ〜


猫を待ちながら、真面目に考えてみた

おはようございます、まーさんです。

晴れて気持ちのいい土曜日の朝、9時半。
私はいま、ジョナサンにいます。

朝から重たすぎやしませんか。ジョナさん。

 

今日は、飼い猫の健康診断の日です。先ほど、動物病院に猫を預けてきました。

コタツとストーブの前の往復が日課です。マシューです。

マシューは12歳なのですっかりおじいちゃん猫なんです。歳相応の病気の危険性も高まるということで(猫は特に腎臓系の病気が多いんですよね)、近頃はキャットドックというフルコースの検査をしてもらっています。
2時間ほどかかるので、検査が終わるまで近くのジョナサンに来ているというわけです。

ジョナサンに来たら、朝ということで各テーブルに新聞が置いてありました。新聞を読む機会がほとんどなくなってしまったので、久しぶりに広げてみたら、さっそく興味深い記事に出会いました。

あ、記事ではありませんでした(笑)

私は言葉を扱う仕事をしているので、「汚名挽回」といった言葉の誤用にはわりと敏感です。似たような誤用に「固定概念」という言葉があります。もしや うっかり使ってませんか? これは「固定観念」の誤用です。「既成概念」と混同して使ってしまってる人が結構いるんですよね。お偉い方たちにも。

誤用の話はどうでもよくて、先ほどの「編集手帳」の中で私が面白いなぁと思ったのは、貴乃花親方のくだりです。

やることなすこと「汚名挽回」になっていないか。

確かに、ですよね。

先日あるコラムニストの方が、貴乃花親方のファッションについて、

あの髪型、あのストール、あのサングラス…堅気じゃない空気感が半端ない。 なんなの⁈ マフィアなの⁈

と雑誌に書いていて、それと合わせるとさらに「汚名挽回」度UP!!

現役時代、私のヒーロー「千代の富士」を破って引退に追い込んだ貴乃花は、角界の風雲児としてカッコよかったのですが、今は角界の異端児。心の底から残念でなりませんよ。

さて、ごめんなさい、貴乃花親方の悪口を言いたいのではなくてですね、私はそこから近頃のAVANCEブログで話題の↓について考えてみたのです。

「産んでないお前に子育ての大変さの何が分かるんだ!」

「あの人、企画VTR作ったことないから!!何がわかんの?」

うちの会社にもいますねー。自分勝手な理屈で、人を斬りつけてでも自分を正当化しようとする人が。

頭がいい人、弁がたつ人、そして臆病な人に多いように思います。

そういう人たちの主張は、概ね観点がズレています。そして飛躍的であり、抽象的であり、非建設的。とにかく自分に良いように良いように、話をもっていくんですよね。
時々、話が上手い人に遭遇すると、思わずその主張を受け入れてしまいそうになりますが(笑)
危ない、危ない。論点はそこじゃない!
と我にかえらないといけません。

「攻撃は最大の防御」とは言いますが、誰も戦う気がないのに1人で刃物を振り回している人は、ただの暴漢です。

それでね、私が思うに、そういう人たちの行動原因て、コミュニケーションの怠慢にあるのではないかと。

要は、言葉が足りない。
伝えようという努力が足りない。

そして、伝わる喜びを知らないのかな、と。

先ほどの新聞記事にも、貴乃花親方は説明が足りないと書いてありました。自分ではどれだけ正しいことを主張しているつもりでも、人に伝わらなければ、人に伝えなければ、意味がない。もっと言えば、人に理解や納得をしてもらえなければ、ただの独り言になってしまいます。

応援したいと思っている人たちがたくさんいるはずなのに、その人たちが「そうだ!そうだ!」って共感できる材料を提供してあげていない。

貴乃花親方、やはり残念。

各々が個性溢れる主張を展開するのは、大いに結構だと思います。ただ、「いいね!」をもらうのって大事よね。人気取りに走るということではなくで、「いいね!」を押してくれた人たちには言ってることがちゃんと伝わったってことだと思うから。

自分の意見が否定されること、批判されること、非難されるのは誰だって嫌なことだけど、目の前の相手が言っていることをちゃんと聞いてみたら、実は似たような考え方をしていて、違う角度から見ていただけっていうこともあったりします。

そんなわけで、本日の主張をまとめますと、

・コミュニケーションをさぼったらいかん

・言葉の刃物を振り回してはいかん

となりました。

私たちセクシャルマイノリティーもね、保身に走って暴漢化しないようにしないとですね。

 

AVANCEのキャッチフレーズは、

ビアン人生も悪くない

です。

 

ビアン人生でも悪くない

だったら、ビアンであることを卑下してる風。

ビアン人生って悪くない

だったら、ビアンじゃない人生を下に見てる風(かなり強がり)。

ビアン人生ですが何か?

だったら、これぞ暴漢。

 

ビアン人生も悪くない

ね、よくできたキャッチフレーズだと思いませんか。

ビアンであることは大事な個性なのでちゃんと認めておいて、だけど、それは関係なしに、人生を楽しんでる感じが伝わります。
自己肯定&他者肯定ね。

心に余裕をもった生き方をして、人に優しくありたいものですね。

 

さて、マシューをお迎えに行ってきます。ずいぶんお高い検査代です。

動物に高いお金払うなんて、と言われても

猫を飼ったこともないくせにー!とは言いませんのよ。

猫はかわいいー。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top