AVANCE

〜ビアン人生も悪くないですよ〜


別れの可能性

こんばんは、まーさんです。

なかなかブログを書けずにいる毎日ですが、ブログは毎日見ていました。カレーブログがお盛んすぎて、山口さんが「ここはビアンブログですよ!」って慌てて訂正したくだりなんて、なかなか面白かったですね。でもその後も引き続きカレーブログがお盛んです(笑)

これだけカレーの匂いをぷんぷんさせられては、やっぱり見ているこっちもカレーが食べたくなりますね。ホテルの朝食ブッフェで朝からカレーを食べてみたり、それでも足りずにお昼ご飯もカレーを食べてみたり、なんならカレーパンを探してみたり….カレーに取り憑かれたような週末を過ごしちゃいました。

いよいよ無印カレーのランキングが発表されたので、3月は無印カレーお試し月間かなー? 1つも食べたことないので、楽しみです。

さてさて、

いまケイさんはこの辺です

 

今夜の便でケイさんはアメリカに戻って行きました。

今回は10日ほど一緒に過ごせました。ほぼほぼ平日で、私がホテルに帰るのは頑張っても夜の9時を過ぎてしまうので、10日あってもゆっくり一緒に過ごせた時間はそんなにはありません。

それでもね、毎日顔を見て「おはよう」と「おやすみなさい」を言えるのが嬉しくて、私はケイさんの日本出張をいつも楽しみにしています。

それから空港へのお見送りもね、欠かしません。ケイさんは「まーさんが寂しくなって元気がなくなっちゃうのが悲しいから、お見送りはいらないよ」と言うのですが、「寂しくなるのは、それは仕方ないじゃない。楽しかったよ、またねーって元気に送り出す方が、なんだか割り切った関係みたいで嫌よー」と理屈をこねて、私は毎回お見送りに来ています。

外でもホテルでも空港でも、よく飲む2人です

 

もちろん別れ際は寂しくなるけど、「行ってらっしゃい」って言うのです。ケイさんのホームはこっちにあって、アメリカには出稼ぎに行ってるんだぞっていう事実をね、毎回神様に知らしめるために。決してホームは譲りません。ケイさんのホームは私のいるこの場所なのです。どれだけケイさんが優秀でも、もう少ししたら返してもらいます。だから神様、そこのところは、よろしくどうぞ。

(一方的に神様にケンカをうるのもどうかと思いますね)

金曜日の夜はお好み焼きを食べに行きました

 

大阪に本店のある「ゆかり」。あちらのお店は店員さんが焼いてくれるんですねー

 

話題を変えるためにお好み焼きを挟みました(笑)

 

みなさんはインスタグラム利用してますか?

私はロム専門ですが、毎日覗いてます。インスタには日本全国のいろんなビアンカップルさんがいて、それこそ私のように顔出しへっちゃらな方がたーくさんいるんですよ。顔が見えると、見ていてより楽しいのです。さらに動画になると、声まで入っているから、ますます親近感がわいちゃうんですよね。

10組くらいフォローしてて、そのうち5組くらいは更新がほぼ毎日。私がフォローしてるカップルさん同士がお知り合いで仲良く遊んでるのとか見ると、なんだかほっこりします。

で、す、が、、、

その中の1組が、突然の別れました宣言….

日本とカナダの遠距離恋愛をしていた2人だったので、私としては同士のように見ていたんですー。それなのに、突然の破局。しかも、カナダにいた彼女が一時帰国している時に。。。

原因は様々あったのでしょうが、離れている間にすれ違ってしまった気持ちがあって、ずっとモヤモヤしてたそうです。でも会ったらそんなのは吹っ飛んじゃうって信じてた。だから彼女が一時帰国してる間、戻れることを信じて過ごしてみたのだけれど、会ってる時は一瞬楽しくても、やっぱりモヤモヤは消えなかった、と。嫌いになったわけじゃないけど、付き合い続ける気持ちはなくなってしまった。でも大切な人には変わりないので、これからは友達として付き合います、と。

んーー、ショックだったけど、このお二人にはそこが限界だったんだなって思いました。

正直、遠距離は原因の一部であって、全てではないと思うのです。つまり、遠距離じゃなかったら上手くいってたのかというと、それはわからないのではないかと。

私は遠距離恋愛をしているけれど、いま、遠距離が原因でケイさんと別れる可能性は0%だと思っています。遠距離が原因というのは、会えないのが嫌、寂しいといった感情的な面と、気持ちがすれ違う、相手の気持ちがわからない、近くにいる他の人に気持ちが移るのでは、といった状況を不安視する面を想像しています。

でも、どれも物理的な距離はあまり関係ないなーって。心の距離が離れていたら、一緒に暮らしていたって相手の気持ちがわからなくなります。むしろ相手への思いやりがなくなって、上手に隠したり、伝えないことが増えていったりするんじゃないのかなって思うのです。

「お付き合いが2年目に入って、気持ちに変化はありましたか?」って、ケイさんから質問されました。私は「何も変化はなくて、ただこの環境やケイさんが出張中のホテル生活にはずいぶん慣れました」と答えました。

逆に、ケイさんはどうですか?と聞いてみたら、ケイさんは、「きちんと向き合ってきたおかげで地に足の着いたパートナーの関係になれたと思う。でも、安定に安心して気を抜いて、思いやりを忘れないようにしないとと思う」と言ってました。

ホントにそうだなって思った。安定した関係は、気を抜くと思いやりを忘れてしまうことがあります。以前なら言わなかった言葉を言ってしまう、以前ならしてあげたことをしなくなってしまう、そういうのは思いやりを忘れてしまったことの1つの現れかもしれない。

「大好き」にあぐらをかいて、大切な人をそっと傷つけてはいないか。

ケイさんが、「まーさんが悲しい気持ちになるからお見送りは来ないで」と言っているのも、私に降りかかる悲しみを1つでも減らしたいというケイさんの思いやりからの言葉なのだと、わかりました。

思いやりって、見えるものだと思うの。言葉になったり、行動になったりして、受ける相手には見えるものだと思うのです。

私は大丈夫!なんてとても言えないけれど、いま気付いて良かったって思います。

ケイさんが教えてくれることは本当にたくさんあるな。

飛行機の中でワインを飲んで眠っているであろうケイさんへ。改めて、2年目もよろしくお願いします。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top