AVANCE

〜ビアン人生も悪くないですよ〜

水の中にいる

とてもいい季節ですね。

 

涼やかでさわやかで。
新緑…というには葉の色が濃くなりましたが、木々が若々しいエネルギーを放散していて。

何をしていても気持ちが良くて、やる気さえ自然と溢れてくる気がします。

 

私は、この時期の匂いが好きです。

なんだか青臭いような、もろもろしたような、ごぼうのような匂いが感じられるんですよ。
私の母曰く、「米つきバッタのにおい。」とも。(分からん…)
こう書くとあまりいい匂いではない感じですけどね。
たしかに青臭くて、人により嫌悪をもよおす匂いかもしれません。

 

 

それはさておき、

この匂いの出どころ、ここ数年でやっと分かりました。

 

白い花?がすでに黄緑色になってしまいましたが、梢の明るい部分が匂いの出どころです。

 

これこれ。
木に咲くみたいですね。

 

あと、こういった花も。

なんでしょう。みかん系かな?嗅ぐとジャスミンのような香りです。

 

藤の花もほんのかすかに香っているのかも

 

今年は暖かいので、もしかして咲いている時期が早いのかもですが、毎年5月ごろにこれらの花の匂いを感じ取れます。

 

 

 

近づいて嗅ぐとなかなか青臭い花々。
けれども、ある程度距離があるところから香りが風にのってやってくると…

 

「ああ、なんだか初夏だなあ」
と感じます。

暦の上では「初夏」というには早いですが、時折湿度が上がることもあるこの時期は、肌に触れる風の滑らかさがすでに夏を含んでいるような感触です。

そんな湿度とあいまって、これらの花の匂いの青っぽさ。それは、瑞々(みずみず)しい気配を届けてくれているように感じられるんです。

 

 

そんな風があるこの時期は、外にいるのが本当に気持ちいい。
まるで、水の中にいるような気がしてくるほどです。

なんだか、洗われているような、ずっと水流に浸かっているような清々しさがあるものだから。

 

青々しくて、清々しくて、一日の達成感…というか解放感をより増しに強く感じさせてくれる空気。
いわば夏の気配を知らせてくれるだけではありますが、この匂いのある夕方には、疲れさえも心地よいものになります。

 

近所の鯉のぼりも泳ぐの気持ちよさそうだったな。
それを眺めているだけで気持ちいいですよね。

 

 

緑滴る(みどりしたたる)季節。瑞々しい季節。

ずっと外にいられる気がします。

 

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top