AVANCE

〜ビアン人生も悪くないですよ〜

Q.オフ会の後、眠れません

 

Q.オフ会のあった日、疲れているのに寝つきが本当に悪い時があります。時によっては一睡も出来ません。なぜ眠れないのでしょうか。どうにかならないのでしょうか。
A.それは、「どうでもいいオフ会」ではなかったから、ではありませんか?

 


 

みなさん、今週もお疲れ様です。夜のてっぺんごきげんよう。
一週空いただけなのに、えらく久々に暗ブログを書いているような感覚です。お休みしゅごい。そんなに疲れていないのにこの効果。
だとすれば、世間のお疲れの方は無理せず休むべきですよ!一回の休みで疲れが取れる上、「ジャネーの法則」な感覚すら緩和できるみたい!

ただ今名古屋・大阪に遠征中のAVANCEスタッフさんももうお休みでしょうか。
明日もオフ会ですから、参加者さんももちろんごゆっくりお休みください。

そんなオフ会フィーバーの中、辛気臭い記事を上げるのもなんですので、今回はオフ会に関係する内容を。


 

オフ会、慣れてくると、会によっては心躍らないまま終了、なんて時もあるんじゃないでしょうか。
期待していたような美人さん(もしくはイケオーラ)の存在もときめきも乗れる話題・ためになる話もなく、ただ壁と床を見つめてやり過ごす時間。ううん、不毛。こんなことなら、家で録画した番組消化していれば良かった。

などと思っちゃうような。

しかし、そんな世慣れたあなたも、かつては(いつかは)、
「その夜眠れないような心躍らせるオフ会」
というのに遭遇した(する)のかもしれません。

私の場合は、去年12月の第一回アプリオフ会が「夜も眠れないオフ会」でした。
その夜どころではなく、三日は寝付けず困ったものです。

これを思い出したきっかけは・・・、

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

山口さんが制作していらっしゃる「ホウドウキョク」内の「LGBT LIFE」。

ここ

直近の放送では、国際結婚ビアンカップルさんや、5/5日のフジテレビレインボーライトアップの舞台裏などが盛り込まれていました。
実はわれわれ住人も、ライトアップの画像に寄与していたりいなかったり。

ついでに過去放送分のアーカイブを遡ると、まあ懐かしい。
去年の12月のアプリオフ会で撮影していたものもあるじゃありませんか。うんうん、そういえば周りの方がインタビューされてました。
今見ると、誰が誰だかすぐ分かってしまうなあ笑 
よし、私は多分ほぼ映ってない。一方的にニヤニヤできる。

(2016/12/16「LGBTのオフ会ってどんな様子なの?」)
https://www.houdoukyoku.jp/posts/12007

 

ほんっとインパクトが強かったオフ会でした。
首が座らねえ座らねえハアハア気持ち悪い私も気持ち悪いけど何しろお酒が分解されなくて気持ち悪い、って言ってたのも実際この時がマックスですし…。(オフ会のインパクトと首の座らなさは比例する説)
そしてこの時に実際にちょろちょろお話させていただいた方々への思い入れたるや。
(もちろん縁遠くなってしまった方もいらっしゃるにはいらっしゃいますが。)

 

なんだろう、高校一年の時の同じクラスの子みたいな親近感?その後の高校生活ずっと親しみが拭えない、みたいな。
あ、すみません、個人的に高1の時のクラスがミラクルだったもので、ついこんな伝わりづらい例えを///

普通のオフ会よりも参加人数が多かった分と、かつアプリという前提があったからこそ、いまだに親近感が根深いままだとは思うんですが…
似た気質の人間が集まっていた気がしてならなんですよねえ。表面的にはチャラい度合い・人見知り度合いがまちまちではあるにしても。

でも、私にとっては、決して恋愛的な感覚を伴う出会いがあったわけではないんです。
けれど、「ここなら私でもいてもいいんだ」って思える親しみはあった。まるで、仲間と再会できたような懐かしさというか。
そして、皆さん一人ひとりキャラが濃かった
「想像通り!」って方も、「やっぱり好ましいやん!」って方も、「実物のが500倍好ましいやん!」って方も、予想以上におシャンティな方も、Lのために活動していらっしゃる方も、「今はいい時代になったよー!」という大先輩な方も、こちらの失礼極まりないフリに普通に乗ってくださった他人とは思えない方も(あれこそ高校時代を共にしたような波長よ?)。

 

(すみません、昨日深夜のMVPブログに引き続き。)
みんな好きになっちゃうでしょうよあんな自然に絡めたら。

 

正直、「第二の青春、高1時代の再来だわこれ」ってちょっと思ったくらい。
しかも今度は「女性が好き」という前提を共有できている心強さもありましたし。

嬉しかったんでしょうね、そう思える方々と出会えて。枕を涙で濡らしたもの、あの晩。恋煩いでは決してないのに。
しかもそれが3日くらい続きまして。4日目にはさすがに落ち着いて眠れるようになりましたけど。

 

その後、同じAVANCEでもいくつかオフ会に参加しましたが、あの時のような余韻は得られませんでした。
4月の下北の集いは近いものがあったけれど!(形と町としてはあれが最高でした!)

 

神経を高ぶらせるようなオフ会は、今のところ私の場合はその場の「ヒト」と「空気感」が要因のように思います。
相通じる気質を感じ、そこにいることを素直に楽しく思えるような。

何をもってオフ会に「心躍らせる」かは、人によるに違いないですが、確かにぎゅんぎゅんな余韻を残すオフ会はあると思うのです。

 


 

A・
関節の痛みはありませんか?熱はありませんか?無理な動きをしたか風邪を感染されたかではありませんか?
胃腸の調子はどうですか?提供されたフードに中ったのではありませんか?胃腸炎を感染されたのではないですか?
吐息にアルコール臭が感じられませんか?自身の分解能力を超えてお酒を摂取したのではありませんか?

・・・心当たりはない?

 

でしたら…
あなたは今日のオフ会に夢中なんでしょう。眠るどころじゃないほどに何かあったということですね。
それは、おめでとうございます。

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

「夜も眠れないオフ会」、みなさん巡り合えていますように!

 

 

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top