AVANCE

〜ビアン人生も悪くないですよ〜

シー放浪記③~ジップロックとインディなんちゃら~

6月頭に行ってきました8年ぶりのディズニーシー。
楽しすぎたので、その模様を数回に分けてお届けします!

<これまでのあらすじ>

①ステラ・ルーを目撃しました
http://avance2017.com/post-4708

②そろそろお肉が恋しいよ!
http://avance2017.com/post-4949

一人インパ(インパーク=入園、ってことですね!?)した忍者。
時折不審な動きをしつつも、あまり忍ぶ気なく自由闊達に動き回るのであった…!
ニモ、肉、肉、シンドバッド、チャンドゥ、鈴カステラ、インディ… が今のところ達成したミッションである。
「アトラクション」と「フード」についてのまとめ、後半です!


 

 

インディを後にした忍者。
うろうろしていたらポートディスカバリ―(の上の方)に戻ってしまいました。
するとそこにはガイドブックで予習していたあのワゴンが…!

ブリーズウェイ・バイツというショップ。 ミートパイとアプリコットパイの二種類を販売しています。

 

私が並んでいるときはミートパイの方が売れていましたが、そこは忍者。
当初のミッションプランの通り「アプリコットメイプルシロップパイ」(¥310)の方を迷わずチョイス。(肉、食べるならが良いお年頃です。)

初回に書いた通り、鳩を呼び寄せるパイでした。
というのも、落ちてしまうんです。パイ生地。そして具…具とか言っちゃいけない。フィリングが歯に付きやすさMAXでした。
味は美味しかったです。キャストのお姉さんの視線も奪えて何重にもオイシいパイでした。(あの3度見の意味はいまでも分かりません。)

 

鳩と「パイ美味しいね」「もっと落としなよ」「だが断る」と無言でニコニコ攻防したのち、すぐ横手のトンネルを通り、ミステリアスアイランドへ。

 

 

たまらんわぁ!間欠泉!機関車!この鉄の武骨さ!

あっ。
餃子ドッグじゃわ。
肉はね、今日はね、むっちりしたのをいただくからっ…!と、スルーしました。忍者といえど、お腹がね…あれボリューミーなんですよね…。

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

そしてメディテレーニアンハーバーへ。一周した模様です。
また分かりやすい場所にお目当てのワゴンがあったものだから、並ぶよねー。

 

こちらは、ガイドブックではなくアプリのつぶやきで情報を知りました。有難うございます!
ちゃんとトマトとハーブ(ドライなバジル)の味で爽やかながら後引く旨さでした。

こんなロケーションにあるワゴンです

味見をした後は、

ジップロック。どこへだって持っていきます。
便利なんですもの。入れ物自体がかさ取らないし、密閉できるし。とりあえず家にあるし。
「荷物を少なくしたい」「引っ越しのため物を増やせないのでバケット買えない」という理由もありましたし、この日、空気がしっとりしてたんです。密閉できた方が湿気らないし、見た目はあれですけど(実利>モテ)結果オーライだったと思うんです。

 

「ポップコーンを収納できるバケットじゃない入れ物」って、もしや写真左のものでしょうか…!

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

そしてお土産を先に購入です。夜、混みますものね。
食べ物の用事しかこなしてない。

職場と、近々ではないけど会う予定のある方々の分…。何がいいかしら。

ま…まああ…!しかし…かさばるぅぅ…!
これいいわー。ほーりーさんでなくとも連れて帰ってしまうわー。…しかし大きいなぁ…
あっ。かさばらない軽いのがあるじゃない!

 

わかめスープ、さんざん悩みましたが、タイムリーにニモとイースターのお菓子にしました。

イースターの方がチョコレートマシュマロ、ニモの方がチョコレートクランチです。チョコかぶり。

 

この後、近くに抽選所があったのでBBB抽選をしに行ったら当たりました!
18時半~最後の公演です。

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

まだまだ時間はあったので、アメリカンウォーターフロントを散策。
ああ、このエリアもたいそう好き…!

ここにも古き良きアメリカが…!歩いてるだけで楽しいです。石畳、レンガ塀、ブロードウェイ、デリ屋さん、列車、ポスター。

で、行きあいますよね。歩いていれば。シーも歩けばワゴンに当たる。

これ!
レイジング横のチキンと同じくらい楽しみにしていたもの!リトルグリーンまん(¥360)!!
わが愛するリトルグリーンメンですし、三つそれぞれ味が違うんです。チョコレート、カスタード、ストロベリー。
カップも可愛くてこの味とお値段。
うん、月2くらいで食べたい。

カップはお土産にしました。(この日唯一のキャラクターグッズです。)

このとき、近くで歌のお姉さん?ダンスのお姉さんとお兄さんがアトモスらしきショーをやっていたなぁ。
(次回改めて触れます。)

 

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

そしてS・S・コロンビア号。

わっし妙齢やで!ロマンチストこじらせてるんやで!この雰囲気!行かないはずがないわ!
(※最後の回で改めて触れます)

ここの足元でタートルトークをやっているんですね。
「腹筋が割れちゃったぜ~」
お子は意味分かっているのかしら…!

 

この廊下を抜ければ…

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

その後は例のダッフィーのショーを見て、トランジットスチーマーラインで移動。

ケープコッドの乗り場から。
並び口を間違えればダッフィーと会えます

 

トランジットスチーマーライン、冬に乗ったイメージが強くて、
「タラが良く獲れる岬かー。これも古き良き田舎のアメリカの姿だなぁ。生活感があって最高だなぁ。このちょっとうらさびれた情感…冷え冷えとした潮の空気、魚の匂いがしてきそう…わびしい…たまらない…」
と8年ずっと憧れを抱いて今回やっと再会を果たしましたが…
待ち時間5分だと趣もなにも感じられませんでした(^q^)
ゆっくり待つというのも時には必要なんですねえ…それに、ケープコッドは秋冬の方が「それっぽい」感じがして印象深い気がします。

とはいえやはり良かった
初夏の海風が気持ち良かったです。空いてたし。横にゲイらしきカップルさんがいらしてかわいらしかったし。
(南米あたりの方たちでした。ガチムチ寄りで普通っぽいお兄ちゃんたちなのに、ディズニーが大好きなのかキャラグッズをまとい既にお土産の袋を下げてました。わざわざ日本のディズニーにいらしたんでしょうか。)

 

住もうかな

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

夕方になったので、先ほどスル―してしまった「海底2万マイル」へ。

これ、いつも進行方向右手に座ったことしかなかったんですが、今回左手に座れました!海底人?をたくさん観察できて新鮮でした。
映画を数年前見たんですが、あっちは「海底住まい」を徹底してましたね。
うん、どっちもロマン。

 

船を飛び出して散策したいです…セットがどうなってるか見てみたい。
根本船長…もといネモ船長

 

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

そして、BBB
結論から言います。

 

・・・なしてこんなに最高なのん。

 

金髪のお兄ちゃんが登場するんです、はじめ。そうしたら、横に座ってたお姉さんが「キャッ♡」ってなってて。
「この人BBB大好きなんだなー」と思って見ていたら…

そらキャッ♡ってなりますね!歌もダンスも格好いい!

本場っぽくナレーションは全て英語。
パフォーマンスや歌は、戦前辺りの雰囲気。
ゴージャスで品が…!溢れ出るクオリティが…!
BBB見るために7500円払っても惜しくないわ。

これ、すごいことですね。
テーマパークの中にいくつものショーステージ。
「ショーのはしご&合間合間にパーク内の雰囲気に浸って歩ける&フードも楽しめる」なら、7500円、安いんじゃないか。
って思えます。
感動がごろごろ転がってる。一日で(もしかしたら半日でも)それにいくつも触れられるんだから、やっぱりとんでもない場所です。ディズニー。

 

キャラクターも見せ場が多くてかっこかわいいし、タップダンスやバンドのパフォーマンスも圧巻だし、衣装やセットもハイセンスで新鮮で見てて楽しい。ジャズナンバーに合わせての手拍子も自然としちゃいます。

 

あー!楽しかった!

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

これで一日は終わりません。

日の長い初夏のこと。暗い状態の園内の撮影をしたくて、まだウロウロ。

で、移動しているうちにまた来ちゃいました。ロストリバーデルタ

 

メディテレーニアンハーバーではショーの時間に違いなかったんですが、足が勝手にインディに!
室内の写真も改めて撮りたかったですし、「昼間乗ってやたら楽しかったのは中学生のおかげかな?」というのも確認したくてもう一度乗りました。
何より5分待ち

 

2回目は、中学生ではなく落ち着いたリアクションのゲストとの同乗でしたが、やっぱりニヤニヤしてました。
た、楽しい。なんですかこれ。
やっぱりスピードや振動、音響、空調が丁度良すぎます。

そして、アトラクション出た所の虫の音やミストなどアマゾン的な演出が、この日の湿度・気温と似つかわしすぎる
この日は明らかに「ロストリバーデルタのための日」でした。

 

そしてそして。

味をしめて、もう一度乗っちゃいました。三回目。

やっぱりニヤニヤ
この回だけは席が最後列でして、なかなかスリルでした。やはり激しく動くライドは前の方が恐くないですね。

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

「もうインディ・ジョーンズじゃないよ!インディ・ニヤニヤだよ!」
などと月を見上げて浮かれ気分でインディ4回目に向かっていたら、

このタイプのゴミ箱でした…

ゴミ箱とまともにぶつかりました。
見上げていて、足元見ていなかったのもそうなんですが、まっすぐ歩いていたつもりが歩けていなかったんですね…。

もう若さなんて…切り上げ時ね」
と潮時を知り、マーメイドラグーンを経由してまっすぐおうちに帰ったのでした。

 

いつ来ても幻想的。良い照明。寝れる。

マーメイドラグーン、夜風が強まってきたときに行くのが定番になっています。「避難場所」という認識が強いからでしょうか。
この時間はすでにガラガラでした。蛍の光が流れ始めたスーパーのよう。お子は帰る時間だったものね。
…こんな人口密度が低いと、眠さを上回って走り回りたくなります。(アラサーです。げんき。)

 

 

 

 

あっ。
これあったあった!知ってた!(※8年前の記憶がガイドブックの知識に上書きされている可能性があります。)

でもまた見逃してしまったわ…
今度来るときの必須スポットに追加しておこう!見逃し続けている気がするし!ガイドブックで見ても凄そうだし!

 

それにしても、ショー、たくさんあるのに見逃したなあ。
「マジックランプシアター」も、


「アウトオブシャドウランド」というロストリバーデルタにあったステージも時間逃してしまったし。

 

・・・・・。
今回のブログだけで何回「ロストリバーデルタ」って言ったのかしら。ただ言いたいだけかもしれません。

 

 

 

次回4回目は、
「アトモス」「グッズ」「キャラクター」について振り返ります!
※5回で放浪記は終える予定です。

 

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top