AVANCE

〜ビアン人生も悪くないですよ〜

ビアン友達と子どもの話

1年振りにビアンカップルさん友達と会ってきました。

 

写真撮る前にそれぞれのペースでさくさく飲む。

 

 

レズビアンブログサイトから知り合い、もう5年以上付き合いのある友達で、でもお互い頻繁に連絡とるタイプでもなく予定もなかなか合わないため、ここ2~3年は年1くらいの頻度で会っています。

いつでも変わらなく話せる楽しい友達です。

もうお互いの恋愛も過去も仕事も知っているし、話すことと言えばこれからのこと。

転職のこと、家のこと、保険のこと、カミングアウトのこと、子どものこと。

 

子どものこと。

 

 

「35歳くらいまでにほしいんだよね」と話す友達。方法はいくらでもあるけれど、彼女と子育てをしたくて、2人の間にいる子どもがどんなふうに育つのか見守りたいと言っていました。理想。

私もその気持ちがとてもよく分かる。愛しい人との子ども。血のつながりがあるかどうかは分かりませんが、2人で育てたら大変だろうけど、きっとそれ以上の楽しさや喜びがあるんだろうなと。若い頃は子どもなんか欲しいと思いませんでしたが、今なら分かる。理想ですよね。

理想なんです。だって、女性2人で子どもを育てるってなると、色々なハードルをクリアしていかなければならないし、育てながらもどんどん問題が出てくる。

その問題を乗り越えられる自信はまだない。

 

理想は痛いほど分かるの。そのあとの覚悟がなく。ビールを飲み干す。

 

 

以前、山口さんは子ども(http://avance2017.com/post-7608)(http://avance2017.com/post-6606)について語っていましたね。

 

子どもができない人生が必ずしもバットエンドはわけではない。この先にどうであるかで決まる。

 

その言葉は、子どもはいらないと断言していた昔の自分にはなんにも響かなかったのですが、子どもがいたらきっと楽しいし喜びがあると思う今なら、ちくりと刺さるのでした。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top